エンジニアでもないのにLPIC受験した理由

Linux

エンジニアでもない自分がなぜLPICの受験を目指したのでしょうか?

エンジニア転職するなら理由もありますが、そんな大それた理由もありません。

この記事では、私的なことですが、私がLPICのレベル1受験を決意した理由を述べたいと思います。

Linuxインストールしたものの使えなかった

そもそもの理由となる、なぜLinuxをインストールしたのか、についてはこちら。

上記記事にもある通り、激重ノートパソコンにLinuxをインストールしたものの、その後のChromeのインストールにも手こずる始末でした。

もふぃ
もふぃ

ダブルクリックではインストールしてくれないんですよね…。


そこで、勉強しようとUdemyのセールでコースを購入したのが、最初のきっかけです。

そのとき購入したコースがこちら

目標がないと勉強しない

自分にはエンジニア転職に挑戦する崇高な目標もありません。
Railsを挫折して今、ただただ趣味で学習しているだけです。
そんな自分にとって、資格の取得というのは、いい目標になります。

Linux学習の目標としてLPICレベル1の勉強を始めました。

時間を持て余す

21年基本情報、RubySilverと受験し、合格。
Railsの学習を再開するも、相変わらずレベルアップしてなくて、面白くない。

しかし、勉強していないと暇で、時間を無駄にしているようで落ち着かない…。
カッコいいこと言っているけれど、結局何もできないし、暇なのに、他にやりたいことがないだけなんですよね。

自分は何がやりたいんだと悩みもしました。
ブログがやりたいのか、副業したいのか、転職したいのか…。
そもそもなんでプログラミングを学習しているんだと。

そこで気が付いたのは、自分は「勉強が好き」なんだということ。
自分はコードを書くのが好きなのではなく、知識を吸収するのが好きなんだと理解しました。
それがたまたま今は「技術」の分野なんだなと。
そう気が付かせてくれたのは、この本を読んででした。

私がこの本でやってみた結果については、こちらの記事です。

ブログネタ

ブログ初めて2年経っても100記事行かないし、アフィリエイト収入なんてほとんどない。
まだまだ修行が足りない。
とりあえず書くネタの一つとしてという安易な理由での受験も背景にはありました。

Twitterでカッコいい自分を見せたかった

フォロワーさんが嬉しくも8000人を超えました。
フォロワーさんが増えてくると、みんなが求める自分になりたくなってくるんですよね(笑)

リアルでは全然ダメな自分だけど、受験目指して勉強していると、頭よさそうでしょ?(笑)
こうありたいな、という理想の自分を追いかているのは、Twitterでフォローしてくださる皆様のおかげですね。
ただ、間違った方向に進む可能性もあるので、いいことばかりではないと思いますけどね。
本当はプログラミング学習は潮時なのかもしれないなと思うこともしばしば。。。

まとめ

資格なんて意味ないとよく言われますが、そりゃそうだ。
自分はエンジニアでも何でもない。業務でもLinuxなんて使いません。
試験に合格したって、手当だって出ない。給料も増えない。
文字通り、何の意味もありません。

それでも、これまで見てきたように、本質的には「カッコいい自分になりたい」という理由で、受験しています。
レベル1とれたら、カッコいいだろうなー(笑)

102も、そんな最低な理由で受験していきます。

タイトルとURLをコピーしました