【2021年】RaiseTech(レイズテック)のいいところ・悪いところを徹底解説!

RaiseTechプログラミングスクール

RaiseTechは株式会社RaiseTechが運営するプログラミングスクールです。

そのRaiseTechの江並社長が、ブロガー向けに説明会を開いていただきまして、先日、参加して参りました。

もふぃ
もふぃ

私がブロガーだなんておこがましいのですが(笑)


直接エナミ社長からお話を聞き、私が感じたRaise Techの魅力を余すことなくお伝えできればいいなと思います。

もふぃ
もふぃ

無料説明会で話すこと全部伝えてしまうかもしれません(笑)

この記事は、こんな人にオススメ

・ Raise Techについて知りたい。
・ Raise Techの評価を知りたい
・ Raise Techへの入校を検討している

この記事では、RaiseTechのいいところ、悪いところ、金額など余すことなくお伝えし、検討されている方の参考になれば幸いです。

自己紹介

私は、2019年にプログラミングを学習するにあたり、テックキャンプのプログラミング教養コースに通っていました。
今はもうそのコースはありませんが、社会人向けのコースで、プログラミングとはどんなことをするのか?という基礎的なことを教えてもらうコースでした。

もふぃ
もふぃ

なので、プログラミングスクールのいいところ、悪いところは分かっているつもりです。

プログラミングスクールの記事は数多くありますが、スクールを羅列しているだけの記事ではないということは自負しております。

参考記事

RaiseTechとは?

受講区分オンライン
運営会社株式会社RaiseTech
価格248,000円〜448,000円
期間4ヶ月
学習コースJava, AWS, React, マーケティング, WordPress, デザイン

正確には、RaiseTechはプログラミングスクールではなく、「エンジニアリングスクール」です。
最近、デザインの分野も扱うようになりましたが、基本的にはエンジニアとして現場で動ける「自走力」を養うためのスクールです。

学習言語

RaiseTechで学習できる言語は、Java, AWS, Reactです。

人気のコースは、他に特化しているスクールが少ないAWSコースが人気のようです。

もふぃ
もふぃ

30代後半、40代でもJava, AWSのコースから未経験転職した実績も多数あるようです。

他にも副業コースではWordPress副業コースデザインコースが人気とのことです。

もふぃ
もふぃ

このブログもWordpressを使用して作られていますよ!

期間・学習スタイル

全16回のオンラインリアルタイム講座(4か月、週1回)でカリキュラムを進めていきます。

質問があったら無制限で、現役エンジニアが直接質問に回答してくれます。

もふぃ
もふぃ

この質疑応答無制限が、めちゃくちゃミソ!

また、一人ひとりの進捗状況や理解度を把握し、状況に応じた補講やマンツーマンでのビデオ通話などを行ってくれるので、挫折せずにやり切ることができます。サポートしてくれる講師は月単価80万以上で働く現役のエンジニアなので、今後のキャリアや仕事術についても相談することができます。

もふぃ
もふぃ

問い合わせやラインの対応はエナミ社長自ら対応しているとのこと。
また、エナミ社長との個人面談を希望者全員に実施しているとのこと。
とても距離が近いですよね。

料金

AWSフルコース
Javaフルコース
Lステップマーケティングコース
Reactコース
WordPressコース
デザインコース
通常価格448,000円348,000円
早割価格403,200円313,200円
学割価格288,000円248,000円
*早割価格…開講月の2つ前の月のうちに本申し込みで適応。(学割との併用不可)

\ 公式サイトで金額をチェック!/

RaiseTechのいいところ

それでは、私が直接エナミ社長からお話を伺い、他者とは違う点。いいな!と思った点をお伝えします。

質問し放題、内容制限なし・無期限

RaiseTech公式サイトより

私が圧倒的に魅力を感じたサービスの一つが、「質問し放題、内容制限なし、期間無制限」です。

つまり、カリキュラムが終わっても、質問がずっとできます。
現場に出てからでも副業中でも、無期限!
そして、質問内容は何でもありだそうですw

もふぃ
もふぃ

キャリア相談でも、恋愛相談でも、なんでもありなんだそうですw

それって、他社には当然ないサービスですし、むちゃくちゃすごいサービスなんです。

プログラミングなんて、エラーがつきものです。
一人でエラー解決できるならいいのですが、一晩寝かすと出来たり、2~3日寝かしても出来なかったり(笑)
そうしたときに、気兼ねなく現役のエンジニアに相談できるって、それだけで入校を考える価値があると思いませんか?

講師のクオリティ

上記のように、質問内容に制限がないため、

講師がなんでも答えられないといけないため、講師の質にこだわっているとのこと。
基準として、月単価80万円の現役エンジニアの方が講師を務められております。
中には、本を出版された方のお名前もありました。

他社では、エンジニアになったばかりの人も現役エンジニアとして講師をしているところもあります。
月単位80万円のエンジニアといったら、業界も長くベテランの人です。

もふぃ
もふぃ

エンジニア転職するなら、気軽にベテランに相談できる環境あるだけで、気が楽になりそう…。

提携サービス

RaiseTechでは提携サービスも豊富です。ここでは一部を紹介します。

転職クエスト - 「転職教材&コミュニティ」(40,000円相当)が無料で利用可能
  「職務経歴書添削1回(90分)」を受けられる特典付き
 https://tenshoku-quest.net/tenkue/
WSS
(Web Sales Skills)
 - 営業に特化したサービス
 - 月額7,980円(税込)が無料
 https://note.com/sota_jp/n/n9754a744ac84
AWS Cloud Tech - 日本最大級のAWS学習オンラインスクール
 - AWS認定試験対策問題800問以上
 - 模擬試験モードで実践的に取り組める
 - 月額4,980円(税込)が無料
BuildUp - 日々の学習習慣を強化し、成長を可視化する日報アプリ
 - 月額980円が無料
 https://build-up.info/
もふぃ
もふぃ

他にも提携しているサービスがいっぱいあります!

ぜひ、無料説明会で確認してください!

RaiseTechの悪いところ

これだけいいところを書いてきましたが、悪いところも挙げさせていただくと、難しいとのことです。

4ヶ月で現場レベルで通用するレベルまで学習するので、そりゃーついていくのは大変だろうなと思います。

真剣にエンジニア転職を目指す人は、そのぐらいやってもらわないといけないんでしょうね。

よくある質問Q&A

RaiseTech公式サイトより

ここから先は、Q&Aをまとめました。

エンジニアの転職保証はしていますか?

していません。受

講生の職業選択の幅を狭めたくない。紹介もするけれど、強要はしていない。

変な会社に転職するようなことはありませんか?

転職クエストと提携しているし、企業情報も見ることが出来る。
また、受講生同士がSlackで繋がっているので、その会社のこと知っていたら教えてくれる。

過去、変な会社に行ってしまった人がいたが、すぐに辞めるよう促して、すぐに次の会社を見つけることが出来た。それだけの実力を付けている自信がある。

教育訓練給付制度はありますか?

教育訓練給付制度を採用すると、カリキュラムの変更が出来ない(やりにくくなる)ため、やっていない。現場のスピードに追いつけなくなる。

トライアル期間について

3回目の授業前まで全額返金受け付けている。

コースの変更は可能か?

コース変更は原則禁止だが、受け入れることもあるし、こちら側から提案することもある。
臨機応変に対応している。

講師の変更は可能か?

講師の変更は出来ない。
コースのスタートをズラすことで先生が変わるので、そのように対応している。

今後値上げする可能性はありますか?

今は4ヶ月のコースでやっているが、現場のレベルが上がり、4ヶ月では無理だとなった場合は、6ヶ月のコースとせざるを得ない。そうなると講師へ支払う金額も増えるので、値段が上がる可能性はあります。

副業したい人はこちらのプログラミングスクールがおすすめ

エンジニア転職がしたいんじゃない。副業がしたいんだ!という方は、TechAcademyの副業コースもオススメです。

RaiseTechはこんな人におすすめ

ここまで余すことなくRaiseTechの魅力を伝えてきたと思います。

結論としては、RaiseTechは本気で学習したい人にオススメのエンジニアリングスクールです。

ぜひ、無料説明会に参加して、その良さを感じて欲しいと思います。

\ 現役エンジニアが徹底的にサポート! /

もふぃ
もふぃ

上記リンクより無料説明参加していただいた方には、もしかしたら特典があるかも…!?
説明会は無料ですので、興味のある方は上記リンクより申込みされてみてください。

タイトルとURLをコピーしました