タイピング感覚で学べる「SHAKYO.io」やってみた!

shakyoプログラミング

タイピング感覚でプログラミングを学べる「SHAKYO.io」が4月14日株式会社LABOTよりローンチされたので、早速体験してみました!

ソースコードを模写して入力する「写経」をブラウザ上で入力しながら、プログラミングの勉強ができるとのこと。

「習うより慣れろ。」

shakyo

学べる言語

shakyo

学べる言語は、”C””C++””Go””Java””JavaScript””Python””Ruby”の全部で7言語

この中で、私が学習中のRubyを体験してみました。

RubyのShakyo体験

選択できるレッスンは6つ

とりあえず、レッスン1のSortsをクリック…

まだまだ開放されていないのかな?有料プランかな?

1番目のbubble sortを選択。

shakyo

入力画面はこんな感じです。

入力を始めると、左上のストップウォッチが動き出して、緊張感を煽ります。

文字じゃない…コードをひたすら入力していきます。

スペースだとか、細かいところでブザー鳴ります ><

* separatedのスペル間違えてるだろ?!トラップに引っかかりブザー鳴りました(笑)

全部入力を終えると、結果発表〜。

果たして、これがいい結果なのか悪い結果なのか…。

SHAKYO感想

そもそも、写経のレベルが自分にはまだ難しすぎました。

タイムが測定されているので、ただのタイピングソフトみたいになってしまいました。。。

でも、同じぐらいのレベルの人には、吸収できることもあるのではないでしょうか。

これから初心者向けのサービスも出てくると思いますので、今後に期待です!

SHAKYO.io 公式ページ

SHAKYO.io
Improve your programming skills through repeated training.

タイトルとURLをコピーしました